育毛シャンプーを選ぶ際に気にするべき成分とは?


育毛シャンプーが一般的なシャンプーと異なっている点は当然含まれる成分の差。髪や頭皮に良い成分を多く含み、逆に悪い成分を極力減らしたものが育毛シャンプーと呼ばれています。

とは言っても、シャンプーの成分を見ても専門的な知識がなければどの成分がどういった効果があるかわからないでしょうし、そもそも一般的なシャンプーとはいえ悪い成分なんて入っているの?なんて疑問もあるでしょう。

そこで気にするべき成分を紹介していきます。

まず頭皮に悪い影響を与える可能性がある成分としてラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naが挙げられます。これは一般的なシャンプーには高確率で入っている成分。

何故そこまで多用されるかというと安く、泡立ちがよく、洗浄力が強いというメリットがあるためです。しかし問題となるのはこの洗浄力の強さ。

過剰な洗浄力により頭皮を保護するのに必要な脂まで洗い流してしまい、育毛目的ならなおのこと乾燥肌や敏感肌の人であれば発疹、かゆみの原因となることもあります。

では育毛に有効とされる成分とは何かというと、血行促進や抗菌作用などがあるものです。代表的なものではセンブリ、アルギニンなどですね。

センブリは医薬品としても認定されていて育毛剤やサプリにも良く利用されています。その他に育毛に効果があるとされているものはオウゴンエキス、アミノ酸、ノコギリヤシなど数多くあります。

育毛シャンプーを購入する場合は商品のネームバリューだけで決めるのではなく、成分を確認してから購入するのが良いでしょう。

今売れている育毛剤&シャンプー特集→育毛剤 イクオス

About dK6YTMDrJLYG