効果が弱まってしまうことも?青汁を飲むのにベストなタイミングとは


みなさんは、青汁を飲むタイミングについて考えたことはありますか?実は飲むタイミングによって、青汁の効果が弱まったり、生活習慣の乱れや体調不良に繋がったりする恐れがあるのです。

「青汁をどのタイミングで飲むべきかわからない」
「自分の体に合うかどうか不安」

そのような方も多いのではないでしょうか。そこで当記事では、青汁を飲むタイミングについてお話ししたいと思います。

青汁はどのタイミングで飲むべきか?

基本的にはいつでも構いません

青汁を飲むタイミングは、基本的にはいつでも構いません。青汁を飲むことは、つまり野菜を食べるようなものですから、食事の最中であれ、前後であれ、青実はいつ飲んでも構わないのです。

ただし、胃腸の弱い人、過敏な人は要注意です。なぜなら、青汁には食物繊維が含まれているからです。

就寝前に青汁を飲むと寝付けないことも

不溶性の食物繊維は、体内に取り込まれると水を含んで膨張します。これにより腸の蠕動運動が促され、便の排出を助けてくれるのですが、この腸のもぞもぞとした動きを不快に思う方も多いのではないかと思います。

胃腸が弱い人、過敏な人なら尚更です。眠る直前に青汁を飲むと、この腸のもぞもぞと動く感じが気になって、寝付けない可能性があります。

不安な方は、朝や昼などに飲むようにすると良いでしょう。

タイミングとしては朝がベスト

青汁を飲むタイミングとしては、朝がベストです。それは何故かというと、起き抜けの体には水分が不足しているからです。

青汁はべつにいつ飲んでも構わないのですが、朝起きてすぐに飲むようにすれば、就寝中にかいた汗のぶんの水分を補給できますし、飲み忘れの防止にもなります。

私は個人的には、朝飲むのが一番いいんじゃないかなあと思いますね。

ニンジンと一緒に摂るのはダメ

朝ごはんに生野菜サラダと青汁。普通にありそうなメニューですが、これはあまりおすすめできません。なぜなら、ニンジンにはアスコルピナーゼという酵素が含まれているからです。

この酵素はビタミンCを破壊する働きを持つため、青汁とは相性が悪いです。せっかく青汁で摂ったビタミンCが破壊されてしまいます。

酵素は熱に弱いので、どうしてもニンジンを食べたいときには加熱処理をするようにしましょう。

スポーツ後もGOOD!

スポーツをしたあとに青汁を飲むのも良いでしょう。たくさん汗をかいたあとですから、いい水分補給になりますし、栄養補給にもなります。

運動中は様々な成分がエネルギーとして消費されていくため、何もしないと栄養不足に陥ってしまうのです。それを防ぐという意味で、青汁を飲むのは良いことだと思います。

まとめ

以上、青汁を飲むタイミングについてお話しいたしました。青汁はいつ飲んでも構わないものですが、腸の蠕動運動を促すため、就寝直前に飲むと寝付けない可能性があります。

朝起きてすぐに飲むようにすることで、飲み忘れを防ぎつつ、眠っている間にかいた汗のぶんの水分を補給することができます。

みなさんもぜひ、青汁を飲むときにはそのタイミングにも、少しだけ気を遣ってみてください。

About dK6YTMDrJLYG